大和市の中央林間にある動物病院です。
ホームセンター・コーナンさんの正面にあります。お気軽にお越しください!
アイビーペットクリニック神奈川県大和市中央林間2-13-15の動物病院

大和市の動物病院アイビーペットクリニック|神奈川県大和市中央林間2-13-15

ホーム1.jpgホーム1.jpg診療2.png診療2.png病院1.png病院1.pngスタッフ1.pngスタッフ1.pngアクセス1.pngアクセス1.png

HOME > ヒトとペットをつなぐ > 熱中症にご注意ください!



2013年7月27日

ペットと暮らすみなさんは『熱中症』について敏感になられていると思います。
ご自身のお仕事中や外出中に、我が子が熱中症になっていないだろうか…。
誰もが心配になります。

今年も熱中症による諸症状を呈する子達が来院されましたが、
幸い集中治療が必要なレベルの子がいなかったのは、
みなさんの意識の高さによるものと嬉しく思います。

しかし、『熱中症』に関する間違いも多いようなので、
簡単なご案内ページを作りました。

Q1:熱中症は夏に多いんでしょ?
Q2:窓を開けて扇風機をつけておけば大丈夫よね?
Q3:散歩が大好きで走り回ってるけど、水を飲ませてれば…
Q4:室内なら大丈夫でしょ?
Q5:熱中症になりやすい子はどんな子?
熱中症予防のコツは?



熱中症は、体内に過剰に熱がこもることがきっかけとなり、
多臓器不全へ進行し死に至る危険な疾患です。
しかも、「簡単に発症」し「急激に進行」する身近な疾患です。

もちろん、気温の高い夏に起こりやすいのですが、
熱がこもる条件として湿度も関係あるため、
日本では7月の発生が最も多いのが現状です。

熱中症による保険申請数.jpg
熱中症の発生状況  アニコム損保調べ 2012年データより



ワンちゃん・ネコちゃんは体の表面が毛に覆われています。
夏に毛皮のコートを着ている状態ですから、
熱がこもりやすいのは想像しやすいと思います。

また、体の表面から汗をかくことができないため、
汗をかいて熱を逃がすことができません。
体全体で汗をかいて熱を逃がすヒトと比べ、
ハァハァと呼吸とともに熱を逃がすだけのペットは、
熱がこもりやすいのが特徴です。



アイビーペットクリニックの診察日および受付時間

病院紹介

地域密着のホームドクターを目指す
アイビーの理念をご紹介します!







診察案内

人生の各ステージに合わせた
診察を心がけています!










動物福祉

動物福祉に関するアイビーの
取り組みをご紹介します!





VETERINARY ADAPTION.jpg

チームホープ.gif
どうぶつ家族の会.gif

予防医学

ヒトとペットの幸せな生活は
病気の予防から!








プロハートバナー(青).jpg

ペットと生活







情報サービス

アイビーからの各種情報を
ご活用ください!










リンク

アイビーの提携先や
近隣の二次診療施設です









チームホープ.gif
どうぶつ家族の会.gif

sakura60x235.png
アイペットバナー2014.gif