Category Archives: フード・おやつのご案内

お盆はフードの流通が止まります!

今回は、《健康情報》なしですが、重要なご案内です。

お盆は各メーカーさんがお休みになるため、フードやサプリの流通が止まります。
ご自宅のフードが減ってきていたらお早めにご連絡くださいね。
【フード注文用のLINE】で24時間 受付中です。

お盆のフード流通

お盆との兼ね合いで【フードの日】でお受け取り予定の方は、
通常よりも早くご連絡をお願いいたします。
 《フードの日》
  ・8月6日(火)お受け取り→7月中にご注文
  ・8月20日(火)お受け取り→8月7日(水)までにご注文

ちなみに、お盆の期間中も診察は通常通り行っています。
獣医師の診察日はアイビーHPをご確認くださいね。
  診察担当表はこちら

獣医師 宮澤 裕

フードのお話

今回の担当は看護師の高木です!よろしくお願いします!

この前うっかりしてしまい、お家の子のフードを注文し忘れてしまいました。。。

アイビーに在庫があったのでそこからフードをもらい難を逃れました(´▽`) ホッ
しかし、これが処方食だった場合を考えると「危なかった…」と少しヒヤッとしてしまいました。

フード繋がりでお知らせです!

ご存知の飼い主様もいらっしゃると思いますが
フードの日の時間帯が少し短くなりました。
【フードの日 13:00~18:30】

ご迷惑をおかけしますがご理解とご協力をお願いします。

詳しくはコチラ

※フードの日にお渡し・お支払いをすると10%割引になります。

◆アイビーのLINEサービスのご案内◆
『フード注文用』のアカウントでフードの注文を受付しております。
『情報配信用』はアイビーの最新の情報を配信しております。
どちらもおすすめです!

今年はいくつかの新しい療法食の流通が始まります。
ワンちゃん・ネコちゃんの医療が進歩しています!
新情報はLINEでゲットしてくださいね♪

詳しくはコチラ

医食同源!~間違いだらけのフード選び~

【医食同源】(いしょくどうげん)とは、日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで、病気を予防し治療しようとする考え方です。(Wikipediaより)

全ての生き物にとって、『食べる』ことは『生きる』ことであり、
【医食同源】はとても好きな考え方です。

しかし、栄養バランスの問題で体調を崩してしまうケースが増えています。
自己流の手作りフードだけでなく、
やたら高額なプレミアムフードでのトラブルを多く経験しています。
以前ご紹介した以下のトピックスは良い例だと思います。
 ・『グレインフリーフードと心筋症の関連』
 ・『フードで腎臓病の発症を予防』

また、若齢時に皮膚用のフードを選ぶことで、
アトピーの発症率が下がることも証明されています。

皮膚用フードでアトピー発症率が低下する

さらに、同一フードでも『通常販売で温度管理をしていないフード』と
『病院で温度管理しているフード』で、
血液データに差がでることがわかっています。

我が子に合ったフード選びに『自己流』はNGです。
正しいフード選びは【フードの選び方セミナー】だけでなく、
日々の診察からお気軽にご相談ください!

根拠のない口コミに頼らず、アイビーのフードマイスター達にお任せください!

ワンちゃん・ネコちゃんも、私たちもレッツ・医食同源♪

獣医師・宮澤 裕

ゴールデンウィーク

今年はかなり長いゴールデンウイークになるようですね。
皆さんはどう過ごされますか?

アイビーは通常通り診察を行っておりますが、
5月上旬は普段よりも獣医師が少ない日があります。
特に『皮膚科』『眼科』を担当する副院長は不在日が続くためご注意ください!

《獣医師の診察担当表》はアイビーHPをご覧ください!

また、各メーカーがお休みに入るため、フードの流通が止まります。
お手元のフードの残量をご確認ください。
特に特殊な療法食を食べているワンちゃん・ネコちゃんは要注意です。

次回の《フードの日》は5月7日(火)です。
4月24日(水)までにご注文いただけると、ご手配が間に合うはずです。
フードのご注文は《フード注文用LINE》で24時間 受付中です。

毎年、フードが足りなくなって困る子がいます。
もう一度、連休明けまでフード足りるかご確認をお願いします!

獣医師 宮澤 裕

シニアネコさんの30%は1年後に腎臓病に・・・

シニアネコさんの30%は『1年後に腎臓病へ移行する』
という有名なデータがあります。*1
そして現在の医療では腎臓病は治せないため、『早期発見・早期治療』が理想です。

ここで問題になるのが、『ステージ1の腎臓病は明らかな症状がない』ことです。
以前は、定期的に尿検査をして『腎臓病になってすぐ』の段階を見つけるのが目標でした。

現在は、腎臓病マーカーを計測することで、
腎臓病になる13か月前に早期発見して備えることができます。

ネコさんの腎臓病の全体像

次に問題になるのが、腎臓病の療法食は
ステージ2から食べることが推奨されていることです。
ステージ1から食べ始めると、筋肉量の低下などの心配があります。

せっかくステージ1で見つけたのに!!

しかし、ついにこの問題が解決する日が来ました!

『腎臓病マーカーで早期発見』+『ステージ1用のフードで進行抑制!』が
可能となりました!*2

k/d 早期アシスト(ドライ)
k/d 早期アシスト(ドライ)
k/d早期アシスト(ウェット)

k/d 早期アシスト(ウェット)

もし『k/d 早期アシスト』を食べてくれないネコさんの場合は、
年代に合わせた高品質なフードを選択せざるをえません。

待ち望んだフードということもあり、
数量限定で『1+1』キャンペーンを実施します。
 ※1袋ご購入で、1袋をプレゼント!

《フード注文用LINE》であれば24時間いつでもご注文可能です。

食事選びは我が子の健康に直結します。
自己判断で療法食を選んで、悪影響が出てしまうことも珍しくありません。
正しいフード選びのために、ぜひ【フードの選び方セミナー】へご参加ください!
もちろん、アイビーには多数のフードマイスターがおりますので、
セミナー以外でもお気軽にご相談ください。

早期腎臓病へ適切なフード選びを

《参考文献》
*1 2009 Evaluation of Predictors of the Development of Azotemia in Cats.
*2 2015 Acceptance and effects of a therapeutic renal food in pet cats with chronic kidney disease.