Category Archives: 病気のご案内

意外と知らない健康のマメ知識《腎臓編》

今回はマメ知識の前段階として、『腎臓病の基本』をご紹介します。
腎臓の健康を知るうえでとても重要な部分です!

腎臓関連のマメ知識

その1《慢性腎臓病は治せない》
慢性経過をたどって徐々に失われていった腎機能は取り戻せません。
徐々に線維化を起こし、カチコチで小さくなっているためです。

その2《腎臓が75%壊れるまで発見不能》
数年前までは、腎機能が25%程度まで低下するまで発見できませんでした。
そこまで腎臓が弱るまで症状が出ないこと、
血液検査でも検出できないことが原因です。
腎臓が弱ってきても頑張って体を守ってくれていたのが、
残り25%になった段階で、一気に腎臓の限界を迎えていたんです。

腎機能検査の検出率

その3《腎臓マーカーで早期発見が可能に》
2016年にSDMAという腎臓マーカーが開発されてから、
腎機能が60%程度に低下した段階で発見できるようになりました。
つまり、『腎臓病の症状が出る前』に早く見つけて、
備えることができるようになりました!
ワンちゃん・ネコちゃんの腎臓病について最も権威のある
IRIS( International Renal Interest Society )でも、
腎臓病の診断ガイドラインに腎臓マーカーが組み込まれています。

腎臓病を早期発見

その4《急性腎障害は治療で腎機能が回復》
徐々に腎臓がカチコチになる【慢性腎臓病】ではなく、
いろいろな原因で『腎臓が障害された』時は【急性腎障害】であり、
適切な治療で障害された腎期能が回復します。
しかし、かならず元通りになるわけではありません。
障害されてからなるべく早く治療を開始することで、
回復率が変わってきます。

今回は『腎臓に関する基礎知識』でした。
この4点で、『あれ?』となる点があるはずです。
この違和感をもとに、次回はちょっと踏み込んだ内容に入っていきましょう!
お楽しみに!

獣医師 宮澤 裕

慢性腎不全のお話と腎臓用フードのご紹介

こんにちは、獣医師の遠洞です。

ワンちゃん・ネコちゃんのご飯は日々進化をしています。
特に最近の療法食に関しては、効果だけでなく趣好性に関してもよく研究されています。
※「病気の治療用」であり、それぞれに注意点もあるため、自己判断で療法食を始めないようにご注意ください!

最近、新たな療法食が販売を開始しました。
早速ご紹介いたします!

『Hills k/d早期アシスト』※ネコちゃん専用

これまでも各メーカーから慢性腎臓病用のご飯が販売されていました。
これらは全て、慢性腎臓病ステージ2以降の子のための療法食です。

『k/d早期アシスト』は、慢性腎臓病ステージ1の子のための初めての特別療法食として開発されました。
リンの含有量が調整されており、良質なタンパク質を含むことで腎臓への負担を軽減します。

ここで「慢性腎臓病のステージってなんだ?」と思われた方もいるのではないでしょうか。
まず、【慢性腎臓病】は腎臓が壊され、腎機能が低下している状態のことを言います。
残された腎機能の程度により、以下のように4つのステージに分けられています。

実はここ最近までは、ステージ2(残された腎機能は約30%)まで進行しないと血液検査で見つけられることができない病気でした。
しかし、新たに『SDMA』という腎臓病マーカーが開発されたことで、慢性腎臓病をステージ1の段階で発見することができるようになりました。
もちろん当院でも測定することができますので、興味がある方はお声掛けください。
7歳以上のシニアのネコちゃんは特にオススメです。

今は、症状が出てから病気を発見するのではなく、
定期的な健康診断で早期に病気を見つけることができる時代です。
【早期発見・早期治療】は、自分の体調不良を話すことができないワンちゃんネコちゃんには非常に大切です。
ぜひ定期的な健康診断をオススメします!

意外と知らない健康の小ネタ(1)

健康豆知識(ノミ・マダニ関連)

ヒトの健康番組は昔から安定した人気があるそうです。
確かに、『知らなかった!』という豆知識が盛りだくさんで、
得した気分になりますよね。

ワンちゃん・ネコちゃんの健康情報でも、
意外と知られていないトピックスがたくさんあります。


《フロントライン使用者が激減!》

フロントラインと言えば、世界で最も人気のあったノミ・マダニ駆除薬です。
『滴下タイプ』でありながら、ノミは24時間以内、マダニは48時間以内に
確実に駆除できる点が画期的で一世を風靡しました。
しかし、現在はノミを3時間以内、マダニを8時間以内に駆除できる
『内服タイプ』が主流です。


《予防していたのにノミ・マダニがついた!》

「ん?さっき、『〇時間以内に駆除』って言ってたな…。」と気づきましたか?
そうなんです。
ノミ・マダニの寄生を防ぐことはできません。
寄生後にどれだけ早く・確実に駆除するか!が勝負です。

市販の【医薬部外品】は、『〇時間以内に…』という次元ではなく、
『約30%の子に効果がある』というものです。
さらに『ハーブで虫よけ』は不可能なのでご注意ください!


《我が子がCMデビュー!》

『内服タイプ』の中でも最速の薬剤の一つである『シンパリカ』は、
美味しいポーク味です。
これを食べている姿をメーカーに投稿すると、
CMに出られる可能性があるそうです。
実は、この手のキャンペーンは応募が少ないため狙い目ですよ!
締め切りが近いのでお急ぎください!

シンパリカでCMデビュー!
【クリックで投稿サイトへ】

獣医師 宮澤 裕

誤食事故について

こんにちは!獣医師の五十嵐です。
皆さん、お盆休みを満喫されているでしょうか?
親戚の集まりやお祭りなど、ワンちゃん・ネコちゃんにとっても楽しいイベントが多い時期ですね!
それと同時に誤食事故が起きやすい時期でもあるんです・・・
お祭り会場に落ちていた竹串、親戚のお子さんのオモチャなどなど、この時期は特に危険がいっぱいです。

過去にアイビーではこんな誤食事故の例がありました。

マチ針
バンダナ
クリップ


せっかくの楽しいイベントが大事故にならないように、ワンちゃん・ネコちゃんの口に入るものにも今一度注意を払ってみてください。

もし!
飲み込んでしまったら、なるべく早くお連れくださいね!

静かな暗殺者?【ネコさんの心筋症】

『元気なネコさんの約16%は心筋症』と言われたら…。
元気に遊んでいるうちの子は大丈夫でしょうか?

『心筋症のネコさんの約70%は心臓の音が正常』と言われたら…。
全ての診察で慎重に聴診をしていますが、
【ネコさんの心筋症】は、ヒトの五感では見つけられない疾患なんです。

『心筋症のネコさんの約50%は血栓症で急死する』と言われたら…。
発症前に見つけてしまえば、3年後の生存率を70%まで高められます!

心臓病は獣医師・遠洞にお任せください!

【ネコさんの心筋症】の『好発品種』は日本でよくみる品種…
そして、けっこう若くして発症…。

でも、《心臓病マーカー》を測ることで隠れている心筋症をあぶりだせるんです。
ヒトのがんマーカーのように、少量の血液で検査可能です。
心筋症を持っている可能性が高いネコさんを早期に見つけることができれば、
生存期間を延ばせるんです。

当てはまる品種のネコさんが7歳になったら《心臓病マーカー》を計測しましょう!
※メインクーンさんは発症年齢が3歳前後と早いことが知られています。

《心臓病マーカー》は単独項目でも測定可能です。
アイビーでは8月末まで【夏のシニア健診】としてセット検査も実施しています。
必要に応じてご検討ください。

心臓病についてご心配なことがあれば、獣医師・遠洞までお気軽にご相談ください!

獣医師・宮澤 裕

《参考文献》
Prevalence of cardiomyopathy in apparently healthy cats.
・Feline idiopathic cardiomyopathy: a retrospective study of 106 cats.