Category Archives: 未分類

増税の前に

こんにちは、獣医師の阿部です。

もうすぐ10月ですね。
10月といえば増税です。
私は欲しかった靴を買いましたが、みなさんは何か買い物をしましたか?

この増税ですが、同時にスタートする軽減税率により人間の食料品は消費税8%のままですがペット用品は注意が必要です。

ペット用品は食べ物、医療品を問わず全て消費税が10%になります。
そのため、買い忘れたものがあれば増税前の今がチャンスです。

特にフィラリアやノミ・ダニの予防薬は今後も必要なものです。
来月の分がない!という方はこの機会に買っておくと安心ですね。

アイビーではワンちゃん、ネコちゃんの予防薬が何種類かあり、その子に応じて使い分けができます。
どんな予防薬を使えばいいの?という方は是非一度ご相談ください。

猫フィラリアセミナー

こんにちは、獣医師の五十嵐です!

最近やっと穏やかな気候になってきましたね。
暖かくなるのはとても嬉しいですが、気になるのが”蚊”です。
毎年痒い思いをさせられている方も多いのではないでしょうか。

実はこの”蚊”は痒い思いをさせてくるだけでなく、病気を媒介する怖い存在でもあります。
数年前もデング熱がニュースになりましたね。
ワンちゃん・ネコちゃんが気をつけたい病気としては、”フィラリア症”があります。

ご家族にワンちゃんがいる方は、毎年春は『フィラリア検査の季節だなぁ』という時期ですね。
しかし、ネコちゃんの場合、フィラリア予防の必要性を知らない方がかなりいらっしゃいます。
フィラリアが犬糸状虫と呼ばれていることも原因の一つかもしれません。
しかし、ネコちゃんが感染すると、突然死したり、呼吸が苦しくなってしまうこともあるんです!
予防できる病気で亡くなるなんて悔しいですよね。

そこで、アイビーでは、ネコちゃんのフィラリア症についてお伝えするべく、新たなセミナーを作成しました。

『猫フィラリア症』セミナー

日時:6月9日(日)14:00~15:00
講師:獣医師・富田
費用:無料(座席数の関係上、予約が必要です)

詳細はこちら

ご家族に猫ちゃんがいらっしゃる方は、是非ご参加ください!

『ワンちゃんのハミガキガム』

『ワンちゃんのハミガキガム』

こんにちは。獣医師の原です。

今回は『ワンちゃんのハミガキガム』についてです。

アイビーではおもに2つのワンちゃん用ハミガキガムがあります。
『オーラベット』と『ベジデントフレッシュ』です。
これらは歯垢や歯石に効果があると証明されています。
(約50%の歯石・口臭の減少効果が認められています)

そして、どちらも歯石コントロールにおいてVOHCの承認取得しています。
VOHCとは…米国獣医口腔衛生協議会:米国の獣医師科学研究者によって、犬猫用のオーラルケア製品の立場で審査する機関です。

【オーラベット】
デルモピノロールという成分を配合しています(ワンちゃん用のハミガキガムで唯一!)
デルモピノロールとは…口腔内細菌に対して効果のある成分であり、人用のオーラルケア製品にも含まれています。

ちなみにオーラベットの豆知識をいくつかご紹介します。
・オーラベット1個当たりのカロリーは
  XSサイズ(1.5~5kg) 27kcal
   Sサイズ(5~10kg) 48kcal
   Mサイズ(10~20kg) 81kcal
   Lサイズ(20kg以上) 128kcal  です。

・ちぎると効果がなくなるため、丸ごとあげてください。

・2分以上噛まないと効果が発揮できません。最初は手に持ちながら噛み遊びをするようにあげましょう。

・うんちが緑色になりますが、海藻成分の色です。問題はありません。

・『しっかり咬む』ガムなので、乳歯が抜けてから始めましょう!

【ベジデントフレッシュ】
ベジデントフレッシュの特徴は・・・

・フレッシュテクノロジー
  ザクロエキス・イヌリン・エリスリトール配合で、口腔内と腸内の健康を維持します。
 
・Z字型シェイプ
  独自のZ字型シェイプが歯にフィットし噛むことで歯垢を除去します。

・食物アレルギーに配慮
  アレルゲンとなりやすい小麦・牛肉・乳は不使用。

細長い形状をしています。少しづつあげたい場合は縦に切ってあげるのがコツです。

ワンちゃんがどちらが好きなのか試せるように、1本でのご用意も可能です。
それぞれの生活スタイルに合わせて、ハミガキガムを上手く使いながら歯周病予防を行っていきましょう!
(もちろんブラッシングができることが理想的です・・・)

デンタルケアについてはアイビーHPもご覧ください!

【4月の『フードの日』変更のお知らせ】

4月はフードの日が以下の日程になります。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞご活用ください。

【4月のフードの日】
・4月 9日(火)午後
・4月23日(火)午後

アナフィラキシーショックについて

こんにちは。獣医師の原です。

先日の日曜日にお休みをいただき、セミナーに行ってきました。
ためになることばかりで非常に楽しいセミナーでした。
内容は救急症例に関することが多く、特に『アナフィラキシーショック』が中心でした。
そこで今回はアナフィラキシーショックについてお話ししたいと思います。

アナフィラキシーショックとは、何かに反応して症状をおこすアレルギー反応の一種です。
ワクチンや食べもの、植物、ハチなどが原因になり、急性に症状が出るのが特徴です(多くが30分以内に症状が出ます)。

症状として 循環器症状・・・低血圧、虚脱、粘膜蒼白など
      呼吸器症状・・・呼吸困難など
      消化器症状・・・嘔吐、下痢など
      皮膚症状・・・・顔の腫れや赤み

などがあります。
早く出る症状ほどリスクが高く、最悪の場合は命を落とすこともあります。
症状が出た場合、注射や点滴による治療が基本となります。
少しでも上記の症状に当てはまるなと感じた場合は、病院に連れてきてください!

この写真をご覧ください。

この写真はアイビーでワクチンを打つ際、必ずお見せしている写真です。
ワクチンのアレルギーでお顔が腫れているダックスさんです。
(左が打つ前、右が打った後です)
この症状はムーンフェイスといわれる、ワクチン接種から数時間で出る症状です。
半日以上たってから出ることもあるため、ワクチンを打った日は激しい運動やシャンプーは控えましょう。

ちなみに・・・
アイビーでワクチンを打った際、上記のようなアナフィラキシーショックやムーンフェイスが出た際は無料で治療させていただきます。
安心してワクチンを打ちに来てください!