Category Archives: 飼い主様セミナーのご紹介

【オヤツ情報局】第1回は…

オヤツ情報局

9月1日の『防災の日』にちなんで、ワンちゃん用の非常食をご紹介します。

ヒトの『カンパン』のような『わんパン』です。
試しに食べてみましたが、ヒトが食べても普通に美味しい!
もちろん、医療用サプリ専門のメーカーが作っているため、
『病気の子でも食べられる』点がポイントです。

ワンちゃん用の非常食わんパン

1袋で5kgのワンちゃんの1日分のカロリーが補充できます。
保存期間も長いので、持っておくと安心だと思います。

ネコちゃん用の非常食はまだ開発されていません。
ネコちゃんは食べ物の好みもはっきりしているため、
食べ慣れている『いつものキャットフード』の小さい規格を常備しておくのが無難だと思います。

9月1日の『防災の日』はアイビーでも【ペットのための災害対策セミナー】を実施します。
『わんパン』だけでなく、様々な防災ノウハウをご紹介します!
ぜひご参加くださいね!

獣医師 宮澤 裕

『防災の日』は【ペットのための対策】も!

9月1日は『防災の日』です。
毎年、たくさんの災害が起こっていますが、災害時の備えはできていますか?

ペットのための災害対策セミナー

我が家では先日、子供と一緒に『非常食(ヒト用)』を食べてみました。
お湯だけでなく水でも作れるため、避難ごっことして子供が作れるくらい簡単でした。
食べ慣れておかないと…と覚悟していましたが、味は・・・美味しい!
ハンバーグなどのおかずもあり、普通に美味しい食事となりました。

ヒトの災害時の非常食や非常用の道具は、ホームセンターなどで簡単に手に入ります。
ところで、ワンちゃん・ネコちゃんと一緒に避難する時にはどのような備えをすればよいのでしょうか。

『避難』に関するガイドラインも変わってきています。
『マイクロチップ』も義務化されました。
ワンちゃん・ネコちゃんの保護者としては、このあたりの知識も知っておかなければなりません。

9月1日の防災の日に合わせて、
アイビーでも【ペットのための災害対策セミナー】を行います。
ぜひお越しくださいね!
 《セミナーの詳細はこちら》

獣医師 宮澤 裕

【長生き準備コース】が始まります!

ワンちゃん・ネコちゃんの平均寿命が延びています。
寿命が延びることは喜ばしいことですが、シニア期の病気が増えています。
ヒトと同様に、体力・免疫力が低下してくるシニア期は、
病気の早期発見がとても重要です。
そして、環境の改善や、ご家族の適切なケアも欠かせません。

長生き準備コースのご案内

《病気の早期発見》をテーマとする第1回と、
《ご家庭でできるシニアケア》をテーマとする第2回の開催です。
この二つは表裏一体でもあり、両方を受講されるのが理想ですが、
片方のみでも得るものは多いと思います。
シニアペットと暮らす方は、ぜひお越しください!

【病気の早期発見セミナー】
8月25日(日)14~15時
講師は、アイビーの主任獣医師である五十嵐が担当します。
重い子を担当しているからこそわかる、病気の発見ポイントを伝授いたします!
※昨年実施した《病気の早期発見セミナー》とほぼ同一内容です。
 詳細はこちらから

【ご家庭でできるシニアケア】
9月8日(日)14~15時
我が子のシニア期を徹底的にサポートし、
最高の看取りを実現した獣医師・阿部が講師を担当します。
 詳細はこちらから

子犬さん、子猫さんで迎え入れた我が子も、
あっという間にシニア世代になります。
ペットと暮らす方が必ず経験する『我が子の看取り』…。

ヒトでは『終活』という言葉があるそうです。
ワンちゃん・ネコちゃんの『終活』は保護者の役割です。
私達、獣医師も『看取り』まで背負っていくのが役割です。
より良い旅立ちのために、できることはたくさんあります。
一緒に勉強しましょう!

アイビーペットクリニック 獣医師・宮澤 裕

最強 関節サプリがさらにパワーアップ!

アイビーで多くのワンちゃん・ネコちゃんが使っている
最強の関節サプリ『コセクイン プロフェッショナル』が、
さらにパワーアップしたそうです。
資料をよくみると、確かに関節のケア効果や、消炎効果が高まっているようです。

これまでは『10粒いり』だったのが、新製品は『16粒いり』に。
シートがデカイ!
当然、粒が多いためシート当たりの価格が上がっています。

ムムッ!
と思い、細かく計算したところ、体重5kg当たり約6円の値上がりです。
効果が高まり、1日あたり6円の値上がりであれば、許せるような気がしますが、
粒数を増やして煙に巻こうとしているのでは…と邪推してしまいます。

5歳以上のペットの80
%は関節症

ワンちゃん・ネコちゃんの多くが【関節症】と闘っています。
報告によると『5歳以上のペットの80%』とされていました。
そして飼い主様の約半数は我が子の関節症に気づいていません。

明らかに足をかばっている時には、重度の痛みです。
医薬品である消炎鎮痛剤で痛みと炎症を抑えてあげましょう!

『動き出しがぎこちない』『段差を嫌がる』などの違和感は、
すでに【関節症】を疑うべきです!
お気軽にご相談くださいね。

もちろん、我々と同じように『加齢』『肥満』『過剰な運動』で【関節症】は加速します。
我が子の生活管理も頑張りましょう!

今年は新作セミナーとして《長生き準備コース・シニアケア》も実施します。
人生の最期まで快適に過ごせるように、シニアペットの飼い主様はぜひお越しくださいね!

獣医師 宮澤 裕

死亡率50%の病気!それは病気?

さぁ、死亡率50%に達する恐怖の【熱中症】の季節が来ます!
ワンちゃん・ネコちゃんの【熱中症】は7月がピークです。
もうすぐなんです!

そして【熱中症】の約40%は室内で起こっているんです。
死亡率の高い『病気』ですが、
正しい知識があれば避けられる『トラブル』でもあります。

STOP!熱中症セミナーへお越しください!

【熱中症】になりやすい素因を列挙すると・・・
・鼻ペチャさん
・太っちょさん
・長生きさん
・毛量の多い子
・ハイテンションな子

よくある『間違い』は、『窓をあけて扇風機』です。
ワンちゃん・ネコちゃんの毛量では、風が当たってもそれほど涼しくありません。
冬のコートを着て、扇風機の前にいるご自身を想像してみてください。
扇風機はあくまでも冷房の効率UPとして使いましょう!

また、『体の表面を触って体温を判断』することも間違いです。
これは医学的に証明されています*。

*参考文献:2017 Agreement of Axillary and Auricular Temperature with Rectal Temperature in Systemically Healthy Dogs Undergoing Surgery.

6月~8月の『なんとなくお腹の調子が悪い』ワンちゃん・ネコちゃんは、
【熱中症】の前段階である可能性が高いです。
早い段階で治しつつ、環境の改善をしてしまえば、
死亡率50%の恐怖の【熱中症】を避けられます。
医療用のスポーツドリンクは非常に有効性が高く、お勧めです!

知っていれば【熱中症】は避けられます!
ぜひ《STOP!熱中症セミナー》にお越しくださいね!
 詳細はこちら

獣医師 宮澤 裕