Category Archives: 飼い主様セミナーのご紹介

休日の炭酸浴

さて、炭酸浴という言葉から何を想起しますか?

私は週一回の贅沢として、バブを2個も使ってゆっくり湯舟につかります。
良い香りとブクブクに包まれて幸せな時間です。
あの『ブクブク』とした炭酸ガスが温浴効果を高めてくれるのだそうです。

※メーカーHPによると、適量を超えてバブを投与することはお勧めしないそうです

アイビーでは、副院長が皮膚科を得意としていることもあり、Pluck社のプレジールという炭酸泉設備を使用しています。
私の愛するバブとはレベルの違う”炭酸泉”です。
特にプレジールは、世界獣医皮膚科学会でも効果が認められた最高級の炭酸泉設備です。

炭酸泉の効果で、皮膚表面の皮脂のベタベタを落としてくれるので、お肌も被毛もサラサラになります。

炭酸ガスは、皮膚の表面だけでなく、皮下に浸透して血行を促進するため、皮膚の代謝や免疫を改善します。
それによって、アトピーの子が発毛し始めるなど、皮膚そのものが改善していきます。

なにより、心臓病の子は体温が上がることで死に至ることもあります。
高濃度炭酸泉は低い温度のお湯でも体が血行がよくなるため、ペットに負担をかけません。

アイビー自慢の炭酸泉の動画は、アイビートリミング室のインスタグラムにアップされています。
ぜひご覧ください!

《アイビートリミング室》

アイビーでは、病気の子に絞ってトリミングや炭酸泉のご予約をお受けしています。
現在はご予約に少し余裕があるので、ご希望の方はお気軽にご連絡ください!

また、4月18日には、ご家庭でもできるスキンケアについてのセミナーを開催します。
炭酸泉や保湿剤などの『外側からのスキンケア』だけでなく、『内側からのスキンケア』も大切です。

皮膚の弱い子はもちろん、すべてのシニアペットのご家族にお勧めのセミナーです!

《スキンケアセミナーのご案内》

獣医師 宮澤 裕

ペットの防災対策

こんにちは!今週は看護師の笹原が担当します。今回は【しつけ】とは離れ、動物の防災についてご紹介したいと思います。
最近は地震が続いてますね。皆さん、我が子の防災対策はしていますか?
私は最近ペットが増えたこともあり、今回の地震で見直しをし始めたところです。

基本的な持ち物としては…
【ワンちゃん・ネコちゃん共通】
・ごはん、飲み水、常備薬、食器
→1週間分以上のあったほうがいいと思います。療法食を食べている子は療法食を!

・リード、ハーネス
→リードは伸びないものがいいです。

・キャリーバック
・ワクチン証明書
・狂犬病証明書(犬)
・消臭スプレー、消臭袋
・ペットシーツ(犬)
・トイレ砂(猫)
・タオル
・洗濯ネット(猫)
・ケージを囲う布(猫)
→暴れたりするこの場合は洗濯ネットにいれると逃げません。

その他、『持ち物』ではなく、『準備しておくべきこと』

【ワンちゃん編】社会化のしつけ7つ
1.呼んだらもどっくる
2.ケージやクレートの中で落ち着ける
3.人や動物を怖がらない、攻撃しない
4.家庭以外の場所でも寝れる
5.どこでも飼い主の声を聴いて行動できる
6.目を合わせてコミュニケーションがとれる
7.体のどこを触られても怒らない

【ネコちゃん編】
1.ケージやクレートの中で落ち着ける
2.体のどこを触られても怒らない
3.洗濯ネットに入る練習
4.ハーネスを付ける練習

皆さんのワンちゃん・ネコちゃんはいくつできますか?
防災グッズは使う日なんて来ないのが一番ですよね。
ですが、「備えあれば憂いなし」という言葉もあるので、今から準備しておきましょう。

アイビーでは『ペットのために災害に備えるセミナー』も実施しています。
今年は8月29日に開催予定です。
ぜひご参加ください!

【重要】w/d(犬用)がリニューアルします。ご注意ください!

近年の療法食は、以前と比べてとても美味しくなっています。
機能面でも、病気の治療や再発防止の効果を強く実感できるもが多々あります。

しかし、厳密には『療法食』は『総合栄養食』ではありません。
特定の疾患をケアするために、栄養を極端に偏らせたフードなので、
当然ですがそのデメリットもあります。

獣医師の判断のもと、選択すべきものです。

最近の療法食は複数の特徴を併せ持ったものが多く、私たちも勉強が大変です。
アイビーの獣医師・看護師は全員がロイヤルカナンのフードマイスター資格と、
ヒルズのフードアドバイザー資格を取得しています。

※1年目のスタッフは、毎月ロイヤルカナンの獣医師から栄養学のセミナーを受けています。
4月には、資格試験を控えており頑張って勉強中です!

今回、【ヒルズのw/d(犬用)】で重要な成分変更がありました。

w/dは以下のような特徴を持っていました。
・高繊維
・低脂肪
・糖質の吸収が穏やか
・低カロリー
・消化管の調子を整える

新w/dでは、脂質とカロリーが上がります。
これまで【高脂血症】【膵炎】【ダイエット】で使用していたワンちゃんは、
期待していた効果が得られなくなるため、フードの変更が必要です。

リニューアルしても『w/d』自体は非常に高性能なフードです。
療法食全体に共通ですが、療法食は正しく使わなければ我が子に害になる可能性もあります。

アイビーでw/dを食べているワンちゃんは全員ピックアップ済なので、
診察の際に適したフードを順次ご案内していきます。もし、自己判断で『w/d』を与えている方がおられたら、ぜひご相談ください。

フード選びは我が子を健康に保つための重要な要因です。
できるだけ自己判断とならないよう、お気軽にご相談くださいね。

4月には【フードの”正しい”選び方セミナー】もあります。
ぜひご参加ください!

【フードの”正しい”選び方セミナー】

獣医師 宮澤 裕

肥満は”病気”です!

ぽっちゃりしたワンちゃん・ネコちゃんは可愛いですよね。
でも、寿命が縮まるだけでなく、様々な病気の発症リスクが高まることが知られています。

上図のように、心臓病や糖尿病の発症率が劇的に跳ね上がります。
当然、肥満体型の子は、関節を痛める確率も高くなります。

加齢とともに関節が痛くなるのは当たり前…と思ってはいけません。
老後もヨチヨチお散歩したり、日向ぼっこできるのか、
手足が痛くて寝たきりになってしまうのか、大きな違いです!

しかし、ひたすら運動するようなダイエットは関節を痛めます。
間違った栄養制限は、内臓を痛めます。
『ダイエット』『関節ケア』『栄養管理』は密接に関連した奥深いテーマです。

3月7日(日)には、【関節ケアとダイエット】のセミナーがあります。
ぽっちゃりペットと暮らしている方はぜひご参加ください!

【関節ケアとダイエット】

獣医師 宮澤 裕

ハミガキ教室おまけ話

こんにちは。今週は獣医師の阿部が担当します。

先日開催したハミガキ教室では、たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。

今回のブログではハミガキ教室のおまけのお話として歯ブラシについて少し細かくお話ししようと思います。

まずおさらいになりますが、基本的に市販されているハミガキガムは歯を磨く効果は弱いとされており、歯周病予防にはあまり有効ではありません。

アイビーで販売しているハミガキガムは医療用であり歯周病予防に有効であることが証明されていますが、やはり歯周病予防に一番有効であるのは歯ブラシです。

その中でも歯ブラシの種類がいくつかあるので紹介させていただきます。

①ヒト用歯ブラシ

一般に人間が使うような歯ブラシです。

細かく動かすことができないため口が小さい子には不向きです。

②一般タイプ

動物用に歯ブラシのヘッド部分を小さくしたものです。

歯の汚れが強くない子の、歯周病予防に最適で、最もおすすめのタイプです。

ちなみに病院においてあるものは柄がカーブしているので動物の口にフィットしやすい構造をしています。

 病院に置いてあるタイプです

③極細タイプ

ブラシ部分が歯周ポケットに入りやすいので歯周ポケットから汚れをかき出すのに適しています。ただし歯の表面を磨く力はやや弱いので一般的に使用するのはこちらでない方がいいでしょう。

④混合タイプ

一般タイプと極細タイプ両方の特徴を持っています。

長期間使うと細い毛の部分が毛羽立って少し痛いかもしれません。

⑤ラウンドタイプ

ヘッドの全周にブラシがついているタイプです。

磨く力自体は弱いですが、ブラシ面が広いためハミガキが不慣れな子には適しています。

反面、ヘッドの厚みがあるため、口の小さい子は使いにくい点が弱点です。

今回はハミガキの種類について紹介させていただきました。

次回もまたハミガキ関連のお話をさせていただければと思います。