Category Archives: セミナーの報告

決意表明!とがん学会のご報告

7月6日(土)、7月7日(日)はお休みをいただいてがん学会に参加してきました。
今回のがん学会では、『腫瘍』を得意とする獣医師が約830名集まったそうです。
今年のテーマは【軟部組織肉腫】でした。
腫瘍で転院されてこられる中で、最も多い腫瘍です。

21回がん学会のテーマは軟部組織肉腫

【軟部組織肉腫】には以下のような特徴があります。
・周囲に根を延ばす能力が高い
・遠隔転移は比較的まれ
・複数の腫瘍を含む『グループ名』

これらの特徴から、危険度の高い悪性腫瘍の一つでありながら、
『小さなうちに確実な手術をすれば完治が可能』なんです。
逆に、こじらせてしまうと足を切除する手術が必要になったり、
完治できなかったりします。

遭遇する頻度が高く、細かなルールが多く、
バリエーション豊富な挙動をとるため、しっかりとした知識が必要です。
今回のがん学会で知識の再整理、バッチリです!

【軟部組織肉腫】に限らず、腫瘍診療にカッコいい切り札はありません。
適切な診断ステップ、丁寧な手術前の準備、確実な手術のみです。
地道な積み重ねだけが『腫瘍』の完治につながります。
そして、治せない腫瘍の場合は、
ワンちゃん・ネコちゃんが旅立つところまで、
なるべく快適に過ごせるようにサポートすることを忘れてはいけません。
もちろん、ご家族の不安な気持ちはとても大きいはずです。

学生の頃から『腫瘍』の獣医師になると決めて特殊なトレーニングを受けていました。
私自身が『腫瘍』で愛犬・愛猫を失っています。
その頃から、ご家族も背負っていく気持ちに変わりはありません。
今回のがん学会でも、新たに気が引き締まる思いでした。

しかし、直接ではないのですが、ある病院紹介サイト
『横柄になった』とのご指摘をいただきました。
そして、その自覚がないこともご指摘いただきました。

『腫瘍』と闘うペットやご家族を背負うつもりが、できていないことを恥ずかしく思います。
今回はありがたいご指摘をいただきました。
さらに強い決意のもとに日々の診療にあたりたいと思います。
現状では残念なご指摘をいただく獣医師ですが、改善していくという決意表明です。
今後のアイビーにご期待いただけると幸いです。

獣医師 宮澤 裕

医食同源!~間違いだらけのフード選び~

【医食同源】(いしょくどうげん)とは、日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで、病気を予防し治療しようとする考え方です。(Wikipediaより)

全ての生き物にとって、『食べる』ことは『生きる』ことであり、
【医食同源】はとても好きな考え方です。

しかし、栄養バランスの問題で体調を崩してしまうケースが増えています。
自己流の手作りフードだけでなく、
やたら高額なプレミアムフードでのトラブルを多く経験しています。
以前ご紹介した以下のトピックスは良い例だと思います。
 ・『グレインフリーフードと心筋症の関連』
 ・『フードで腎臓病の発症を予防』

また、若齢時に皮膚用のフードを選ぶことで、
アトピーの発症率が下がることも証明されています。

皮膚用フードでアトピー発症率が低下する

さらに、同一フードでも『通常販売で温度管理をしていないフード』と
『病院で温度管理しているフード』で、
血液データに差がでることがわかっています。

我が子に合ったフード選びに『自己流』はNGです。
正しいフード選びは【フードの選び方セミナー】だけでなく、
日々の診察からお気軽にご相談ください!

根拠のない口コミに頼らず、アイビーのフードマイスター達にお任せください!

ワンちゃん・ネコちゃんも、私たちもレッツ・医食同源♪

獣医師・宮澤 裕

狂犬病予防接種/ネコちゃんフード

こんにちは!
今回の担当は看護師の伊藤です。

そろそろ春がやってきますね。
ということは…、ワンちゃんの狂犬病予防接種のハガキがそれぞれの市役所から届くと思います。
当院では4~8月に手続きの代行を行っています。
※大和市、座間市、相模原市のみです
ハガキと愛犬手帳もある方はそちらもご持参ください。
ハガキ等がないと代行できませんので、ご了承ください。
狂犬病予防接種の詳細はこちらから♪

元気食欲バッチリで、身体で気になる症状もないという場合は、待ち時間なしの『お昼の予約診察』がオススメです!
予約診察は、ネコちゃんにもオススメです!元気だけど爪切りしたい…でも待ち時間中に興奮しちゃう。という子は是非ご活用ください!
予約健診はこちらから♪

ネコちゃん向けのトピックスとして、2種類の新しいフードが流通開始となります!
3月下旬に『腎臓病初期の子用』
4月上旬に『普段用』
それぞれの詳細はまだご紹介できないのですが、4/7(日)に行うフードセミナーでご紹介させていただきます!
もちろん、他のフードのお話もさせていただきます。
まだ予約の空きがありますので、ご参加お待ちしております♪
フードセミナーの詳細はこちら♪

看護師 伊藤

その『びっこ』は・・・

東大で行われた麻酔外科学会に参加してきました。
7時間ずっと『ワンちゃん』の『後ろ足』の『整形外科疾患』のみ!
非常にマニアックで深い世界で、とても勉強になりました!

麻酔外科学会で後肢跛行の勉強をしてきました

もちろん、後ろ足だけでもいろいろな病気があります。
骨や関節を痛めたのか、靭帯を損傷したのか、神経のマヒなのか、ガンが隠れているのか…。
本人が話せないからこそ、正確な診断と治療が重要です。

日曜日にお休みをいただくようになってから、学会やセミナーに参加しやすくなりました。
獣医療は驚くほど速い進歩を遂げています。
日々、新しい診断技術、治療技術も開発されます。

関節手術のイメージ

『この病気は治せるようになったんですよ!』となるものがさらに増えていくはずです。
今後も積極的にセミナーに参加し、より良い医療をご提供していきます!

そして、アイビーでも『飼い主様向けの院内セミナー』をたくさんご用意していきたいと思います。
4月は院内セミナーが特に充実しています。
我が子の健康のために当てはまるものがあれば、ぜひお越しくださいね!

獣医師 宮澤 裕

獣医内科学アカデミーに参加してきました!

獣医師の宮澤です。

2月16日(土)、17日(日)はアイビー全員で『獣医内科学アカデミー』に参加してきました。

『獣医内科学アカデミー』とは、各学会が内科的なテーマを持ち寄って、情報提供をする場です。
パシフィコ横浜を貸し切りにして行う大規模な集まりです。

日本獣医内科学アカデミー

動物医療の進歩が非常に速い中、各学会の枠を超えて情報交換をして、獣医師全体のレベルを上げていこう!
という取り組みであり、日本全国から熱心な獣医師が集まります。

アイビーは全員参加なので、各スタッフが自分の課題に合わせたテーマを受講しパワーアップして帰ってきました。
看護師さんたちの興味は『シニアケア』『災害対策』『入院の子のケア』に集中していたのが印象的でした。
アイビーの看護師さんたちは、本当に動物が好きなんだなぁと感じたのも収穫です。

私は『がん』『救急』を中心に受講し、今後に活かせそうな新情報もありました!
新しい情報がないセッションも多かったですが、新情報が無ければないで、安心です。

より良い獣医療を目指して、これからも積極的に学会やセミナーに参加してきます。
当然ですが、『内科学アカデミー』だけあって、外科的なテーマがないのが残念です。
外科は後日、『麻酔外科学会』に参加してきます!