Category Archives: セミナーの報告

ワンちゃんカウンセリング開始!

ワンちゃん・ネコちゃんとの生活は楽しいことがたくさんあります。
もちろん、困ってしまうことも多いはずです。

普段、ご相談いただく中で『ペットの困った行動』『しつけ相談』も少なくありません。
これらのご相談は、ネコちゃんよりもワンちゃんに多いように思います。

そこで、アイビーのパピークラスを担当しているドッグトレーナー・亀井がワンちゃんの『困った行動』のご相談をお受けします。

ワンちゃんの『困った行動』の大半は、ワンちゃんと飼い主様の対話がすれ違っているだけなんです。
必要なのは、『しつけ』ではなく、『親子の絆』をつなぐことです。

それぞれの親子のすれ違い方は、みな違っています。
だから、しつけの本を読んでも解決しないんです。
プロのドッグトレーナーが親子の対話をつなぐお手伝いをいたします。
しつけ、教育、ルール作り…ではなく、親子で楽しく学んでいきましょう!

【ワンちゃん カウンセリング】
 担当:ドッグトレーナー・亀井
 時間:50分間の予約制
 費用:3,000円(税別)
 場所:アイビー待合室
  ※3密を避けるため換気しやすい待合室で行います
 参加:飼い主様のみ

《WEB予約はこちら》

ドッグトレーナー・亀井にご相談いただくことで、これまで悩んでいたことがフッと軽くなり、我が子が言いたかったことが感じ取れるようになります。
本当の楽しいペットライフを迎えられるはずです!

Stay Homeが求められる現在も、ペットと暮らす皆さんは楽しみがたくさんあるはずです。
我が家のペットと過ごす時間がいつもより長いいまだからこそ、我が子との絆を深めていきましょう!

獣医師 宮澤 裕

セミナー中止のご案内

2020.03.02 加筆修正

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、飼い主様向けセミナーの一部を開催中止とさせていただきます。
既にご予約いただいていた皆さまにはご迷惑をおかけします。

中止が決定したのは以下の2つです。
・3月8日(日)ハミガキ教室
・3月15日(日)正しいサプリの使い方セミナー

なお、3月1日(日)開催予定の《関節ケアセミナー》は予定通り実施予定です。

今後も各種の健康情報をご提供できるよう、新たなセミナー作りも進めています。
今回のセミナー中止にあたりご理解・ご協力いただけると幸いです。

====以下は3月2日の加筆部分です====

セミナー中止の目的は、『感染拡大を防ぐ』というよりも『予約健診枠を増設』するためです。
春は『フィラリア検査』や『狂犬病予防接種』で動物病院が混雑します。
感染症のリスクが問題となっている中、動物病院内でお待たせする時間を短縮することが非常に重要と考えました。
以前から運用している【予約健診】を増数することで、飼い主様の待ち時間短縮や、感染の機会低下につながれば幸いです。

獣医師 宮澤 裕

猫さんのハイライズシンドローム

猫のハイライズシンドローム(フライングキャットシンドローム)




突然ですが、今回もネコさん関連のクイズです。
【ハイライズシンドローム( high-rise syndrome )】をご存知ですか?
フライングキャットシンドロームとも呼ばれます。

これはネコさんがなぜか高層階から飛び降りてしまうものです。
飛び降りてしまって大けがするのですが、なぜか繰り返すので『症候群』と呼ばれています。

脳脊髄に異常がみつかったという報告もありますが、現時点では明らかな原因は不明なままです。
遠近感が狂ってしまって飛んでしまうとも、テンションが上がってイケル!と飛んでしまうとも言われています。
アイビーの患者様でも13階から飛び降りて亡くなってしまった子がいました。
逆に5年ほど前に8階から飛び降りて、今も元気にしている子もいます。

そうなんです、約46%のネコさんが骨折を伴うものの、生存率は約94%と報告されています。
生存率が高いから大丈夫!と安心してはいけません。
今までは飛んだことがないご家庭でも、ネコさんがアクセスできる窓は開放したままにしないように気をつけましょう!

そして、室内でも家具やカーテンレールの上から飛び降りて前肢を骨折する子は珍しくありません。
高い位置に上り下りする子は、途中に階段状に足場を設けてあげましょうね!

1月19日(日)に開催する【ネコさんと暮らすコツセミナー】では、様々なネコさん雑学をご紹介します。
ぜひお越しください!

ネコさんと暮らすコツセミナーの詳細はこちら

《代表的な関連文献》
2012 Acute intraparenchymal spinal cord injury in a cat due to high-rise syndrome.
2012 Orofacial manifestations of high-rise syndrome in cats: a retrospective study of 84 cases.
2013 Serum feline-specific pancreatic lipase immunoreactivity concentrations and abdominal ultrasonographic findings in cats with trauma resulting from high-rise syndrome.
2004 Feline high-rise syndrome: 119 cases (1998-2001).

※実は、ワンちゃんにもハイライズシンドロームの報告があります。
(・1993 High-rise syndrome in dogs: 81 cases (1985-1991).

獣医師 宮澤 裕

この病気は何でしょう?

突然ですが、問題です!
以下のような特徴をもつ疾患は何でしょうか。

《特徴》
5~10歳のネコさんの約70%がかかっているのに、そのほとんどは発見されていない。
コツを知っていれば、予防も治療もできる。








答えは【関節症】です。

ヒトも加齢とともに関節が痛くなりますが、ネコちゃんの【関節症】は発症が早く、生活への影響もとても大きいのが特徴です。
つまり、『加齢で関節が痛い』というよりも、『関節が痛くてじっとしていることを加齢と勘違い』していることが非常に多いのです。

【関節症】だけでなく、知っていれば得をする健康情報はたくさんあります。
インターネットで情報が得られやすくなった半面、間違いも多い現代。
アイビーでは、飼い主様向けの様々なセミナーを開催しています。

2020年最初のセミナーの《ネコさんと暮らすコツセミナー》は、アイビーで特に人気の高いセミナーです。
ネコさんと暮らす中で、獣医師が実際に行っているコツを大公開します。

普段の生活の中で、ネコさんは痛みや体調の悪さを隠すことは実感されていると思います。
飼い主様が知っていれば『防げる』または『みつけられる』トラブルがたくさんあります。
また、快適な環境づくり、日々のお世話のコツ、『よくある勘違い』もご紹介します。
ぜひご参加ください!

詳細はこちら

獣医師 宮澤 裕

世界ランキング1位!

11月24日(日)はネコちゃんの糖尿病セミナーに参加してきました。
講師はイギリスのデイビット・チャーチ先生。
Royal Veterinary College(王立獣医科大学)の教授です。
ちなみにRoyal Veterinary Collegeは、獣医科大学の世界ランキング1位の大学です。

チャーチ先生の講演を聞くために400人を超える獣医師が集まっていました。
獣医学の進歩は非常に早いため、自分の得意分野以外も常に勉強が欠かせません。
今後も各獣医師がセミナー参加のためにお休みをいただく日があります。
早速ですが、12月1日(日)は獣医師が少ないため、お待たせする時間が長くなることが予想されます。
ご理解・ご協力をお願いいたします。

そして!
アイビーではご家族向けのセミナーを積極的に実施しています。
我が子のために、正しい知識を学ぶのは、ワンちゃん・ネコちゃんの飼い主様も同じです。
WEBの曖昧な情報ではなく、新しく・正しい知識を手に入れましょう!

ネコちゃんの腎臓病セミナー2019

次の週末は【ネコちゃんの腎臓病セミナー2019】です。
アイビーで一番の猫派である獣医師・遠洞が担当します。
昨年の【ネコちゃんの腎臓病セミナー】とは内容がかなりバージョンアップしています。
昨年参加された方もぜひお越しください!

獣医師 宮澤 裕