Category Archives: セミナーの報告

わんちゃんのしつけについて

こんにちは!看護師の笹原です!
今回から、私の担当回では『わんちゃんのしつけ』について紹介していきます。
第一回目として「子犬の社会化」についてです。

「社会化期」は、子犬さんの人生を左右する非常に重要な時期です。
生後3週齢~14週齢の時期に、たくさんの人や犬に触れあっていると将来誰とでも仲良くできるフレンドリーな性格に育っていきます。
反対にこの時期に家族だけの生活をしていると、お散歩デビューをしても、よその人やわんちゃんが怖くなってしまい、家の外に出るのもイヤとなってしまうことがあります。

そんな社会化に実践すべきポイントを4つご紹介します!

1.抱っこ散歩をする
大事な社会化期に家の中ばかりいると、外が怖い世界になってしまいます。
抱っこやカートなどにのせてお散歩しましょう!
キャリーに入ったままでもOKです!

2.どこでも触れるようにする
足先、口周り、耳、お尻周りなどは、練習していないわんちゃんだと触ると嫌がる部分です。
ブラッシングやハミガキをするときに唸られたり噛まれたりしないように子犬のうちにトレーニングを始めておくことがおすすめです。

3.様々な音を聞かせる
インターフォン、電話の音、バイクの音など、恐怖心が芽生える前に色々な音を聞かせてあげましょう!

4.色々なわんちゃん、人に触れ合う
ただし、どんなわんちゃんでもOKではありません。
相手のわんちゃんの性格や、病気を持っていないかなど、注意すべき点がたくさんあります。
安全が確保されているパピーパーティーやパピークラスに参加するのが無難です。

子犬さんのうちに、以上の4点を意識していただけると、我が子の可能性が広がります!
アイビーのパピークラスでは、獣医師による講義だけでなく、プロのトレーナーとの実習があります。

アイビーのドッグトレーナー・亀井は、わんちゃんの無限の可能性を引き出す達人です。
そして、飼い主様は育児の楽しさを実感できるはずです。
他のわんちゃん、人との交流ができ、子犬さんにも飼い主様にも良い経験になるに違いありません。

次のパピークラスは11月8日です。
子犬との暮らしを楽しんでいる方、苦労されている方、皆さんお越しください。

次回は看護師・古川が担当します!
お楽しみに!

口臭気になりませんか?愛犬と愛猫の歯周病について

こんにちは、今回は看護師の北島が担当いたします。

私の担当回では、シニア期のケアをテーマにしています。

本日は【歯周病とデンタルケア】です。

まず【歯周病】についてご説明します。

歯周病は、3歳以上のワンちゃん、ネコちゃんの約8割にみられます。

若いうちから始まり、シニア期には多くの歯を失ってしまい、食事のトラブルとなってしまいます。

【歯周病】は、歯周病菌によって歯肉や顎の骨が腐っていく感染症です。

また、進行すると口の中だけではなく全身に影響を及ぼします。

報告が多いものは、心疾患や腎疾患の進行や肝炎の誘発などです。

重度の歯周病の場合は、手術での治療が必要になります。

治療には麻酔が必要であり、シニア期は麻酔のリスクが高いため注意が必要になります。

お口のトラブルは早期発見が重要ですが、重度の痛みを伴うレベルにならないと発見は難しいため飼い主様は見逃してしまうことが多いです。

そこで、お口トラブルのサインをいくつかご紹介します。

下記のサインがでたら歯周病のかも?

・お口が臭い

・歯磨きで歯肉から血が出る

・歯と歯肉の間から膿が出る

・口を触ると嫌がる

・目の下や顎が腫れている。

・くしゃみや鼻水が出る

・食べ方が変

※お口が健康なワンちゃん・ネコちゃんに口臭はありません。

『口臭』から始まり、上記の段階を踏んで悪化していくことが一般的です。

進行するほど痛みが強くなるだけでなく、大掛かりな治療が必要になっていきます。

※逆に歯周病以外でも上記の症状がみられる疾患があります。

『歯周病』が気になったら、早めに獣医師にご相談ください。

【ホームデンタルケア】

口や歯に触られることは元々嫌な事です。

お口のケアの為に若いうちから少しずつ慣らすと良いでしょう。

初めはお口に触れることから始まり、次に歯磨きシート、最後は専用のハブラシで磨けるようにします。歯の汚れを落とすことだけでは歯周病の予防にはなりません。

歯だけでなく、歯周ポケットを綺麗にすることが重要です。

歯磨きのタイミングとしては、散歩の前や食事の前に行い、『いつもの流れの一部』と認識させることが重要です。

歯は一生使い続ける大切なものです。

お口のトラブルを知り、若いうちからケアすることで歯の病気を予防できます。

シニア期になっても美味しくご飯が食べられるように、お口のケアで健康寿命を延ばしましょう!

アイビーでは、歯磨き教室を定期的に開催しています。

歯磨き初心者の方も、苦戦している方も是非一度いらして下さい。

デンタルケアの詳細はこちら

https://ivypetclinic.com/prevention/dental_care.html

歯磨き教室の詳細はこちら

https://ivypetclinic.com/life/seminar/dentifrice.html

充実の子犬・子猫さん向けセミナー!

こんにちは。今回は獣医師の富田が担当します。

先日、アイビーの待合室でパピークラス(子犬さん教室)を開催しました!
3密対策を万全の状態で、3家族様にご参加いただきました。

皆様が普段同じような悩みや不安などを抱えていて、
それぞれのご家族がお互いに共感している姿がとても印象的でした。

そして、新セミナーのご案内です。
その名も『子犬・子猫を迎える準備セミナー』
これから新しくワンちゃん・ネコちゃんをお迎えしようと考えているそこのあなた!必見です!
まだアイビーを受診したことない方もご参加いただけるセミナーになっておりますので、
お友達にも教えてあげてくださいね!!!

実は、子犬さん・子猫さんと生活中の方の、知識の整理としても最適です。

10月18日(日)13:30~開催予定です。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

慢性腎臓病でも工夫すれば長生きできます

ネコちゃんの多くがかかる慢性腎臓病。
食欲不振、嘔吐、けいれんなどの症状を呈して、亡くなってゆく辛い病気です。
現時点ではまだ『治す』治療法はなく、『遅らせる』治療を頑張るしかありません。

しかし、上記の図のように『尿蛋白』を低く保つだけでも、生きられる期間が2.5倍近く延ばすことができます。
血液中のタンパクが腎臓を通り抜けて尿に出ていく際に、腎臓を傷めてしまうためです。

尿蛋白を減らす『セミントラ』という内服を使用します。

新型コロナウイルスの影響で、『セミントラ』の流通が止まっています。
8月に再開の予定でしたが、メーカーから年内は再開が不可能と連絡がありました。

セミントラはARBというグループのお薬であり、発売されたのは2014年です。
発売前は、ACEIというARBに近いグループのお薬を使って尿蛋白を低下させていました。
ワンちゃん・ネコちゃんの腎臓病の国際的な団体であるIRISのガイドラインでも、尿タンパクをARBまたはACEIで低下させると明示されています。

《IRISガイドライン》

セミントラを使用していたネコちゃんも、流通再開までは従来のACEIで尿タンパクを押さえながら元気に過ごしましょう!
我が家のネコさんもACEIを飲んでいます!

関連知識として、ここでいう『尿タンパク』は、通常の尿検査でいう『尿タンパク』とは計測方法が違います。
検査センターで特殊な測定をして数値化して判断します。
通常の尿検査で尿タンパクが出ていても焦る必要はありません。

また、食事やサプリでも腎臓寿命が伸ばせることが証明されています。
しかし、タイミングを間違うと逆に健康を害してしまう可能性があります。
命をつなぐためには、正しい知識が必要です。

このブログの内容も数年後には、時代遅れの内容となるはずです。
我が子を大切にする方ほど、WEBや噂の影響を受けやすいよういに思います。
我が子の『今』をもとにリアルタイムで獣医師と相談していきましょう!
アイビーの飼い主様向けセミナーは、内容を修正しながら毎年実施しています。
こちらもご活用ください!
(2020年のネコちゃんの腎臓病セミナーは12月に開催予定です。)

《アイビーの飼い主様向けセミナーはこちら》

獣医師 宮澤 裕

熱中症セミナーについて

初めまして。今回は4月から勤務している看護師の笹原が担当します。

最近は暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
アイビーでは飼い主様向けのセミナーを再開いたします!

再開してからの第1回目の飼い主様向けセミナーは、今の時期にピッタリな『熱中症セミナー』です。
わんちゃん、ねこちゃんは私たち人間よりも熱中症になりやすいです。
特に下記のような子は熱中症になりやすいため、注意が必要です。
・パグ、ブルドッグ、シーズー、ペキニーズなどの鼻が短い犬種
・呼吸器、心臓に疾患をもっている子

これは見落とされがちなのですが、高温多湿の環境はもちろんリスクが高まる上に、さらに「興奮による体温上昇」に注意しなくてはいけません。
見落とされがちなため実際に手遅れになってしまったケースもあるようです。
そのケースとは、家の修理のためにやってきた大工さんに興奮し、朝から吠えっぱなしの状態になってしまい、そのあと声が聞こえなくなり、様子を見にいったときには気を失って倒れていたという事例です。

そんな怖いことにならないよう、しっかりと正しい暑さ対策をして人間もペットもこの夏を乗り切りましょう!

熱中症セミナーの詳細はこちら