Category Archives: アイビーのご案内

いまこそ!新型コロナから身を守ろう!

誤字・脱字を修正しました。(2021.10.08)

新型コロナワクチンの影響か、学生たちの夏休みが終わった影響か、
新型コロナの感染拡大が下火になってきましたね。
緊急事態宣言も解除されました。

このタイミングだからこそ、気を引き締めて身を守る必要があります。
少し気になる勘違いもあるので、正しい知識を再確認しましょう!

《ワクチンを打てば大丈夫!ではない》
ワクチンは『感染しないようにする』ものではなく、
感染しても重症化や死亡してしまう確率を下げるものです。
”新型”とつくことからもわかるように、
ウイルスはどんどん変異し強力になっていきます。
重症化の確率がどうこうというよりも、やはり『感染しないこと』が優先です。
そのためには、『マスク』『手洗い』『3密防止』『換気』が重要です!

《重症化しにくい、なら良い?》
上記のように、ワクチンを打つことで重症化のリスクが減ります。
しかし、軽症であっても自身がウイルスをバラまいてしまい、
家族を危険にさらしてしまう可能性があります。
「ワクチン接種済みのスタッフが対応します」というお店が増えてきましたが、
それは「来店者が安全ですよ」という意味ではなく、
「感染者が来店してもスタッフの危険度が低いですよ」という意味です。

《やはり手洗い》
科学誌Natureに掲載された論文からもわかるように、
新型コロナウイルスはエアロゾルと呼ばれる小さな粒子が空中を舞って感染していきます。
つまり、マスクや換気が非常に重要です。
もしかしたら、ご家族が家庭にウイルスを持ち帰ってしまうかもしれません。
ご家庭ではマスクをしないことが普通だと思いますが、万が一に場合に備えて、ご家庭でも換気を徹底することが家庭内感染のリスクを軽減します。
ちなみに新アイビーの待合室は広いですが、
14分45秒ですべての空気が入れ替わる最新の換気システムを搭載しています。
エアコンが効きにくい点はご理解いただけると幸いです。

《Natureに掲載された論文(英語)》

《手洗いも大切》
ヒト医学の論文で、『ヒトは1時間に23回も自分の顔を触っている』ことが報告されています。
しかも研究対象は医学生であり、医学の知識があるヒトであっても無意識に顔を触っていることが分かりました。
さらに、そのうちの44%は粘膜面を触っていたそうです。
手にウイルスが付着した状況で、自分の顔の粘膜面を触ってしまうと、感染してしまう危険性があります。
やはり手洗いも重要な感染防御対策となりそうですね!

《感染防御と顔を触る回数の文献(英語)》

『集団の75%がワクチンを接種していれば感染症の流行を阻止できる』というシャルル-ニコルの法則が有名です。
基本的な感染防御ができているヒトの比率が高まっていけば、集団として感染症の流行リスクが減ります。

新型コロナの感染者数が減少してきている今、気を緩めることなく、ご自身やご家族の身を守っていきましょう!

ワンちゃん・ネコちゃんのワクチンも同様です。
元気な子こそ、ワクチンを忘れずに!

獣医師 宮澤 裕

ご自宅でペットの血圧測定ができます!

ヒトと同様にペットにも【高血圧症】があります。
ペットの寿命が延びるとともに、【高血圧症】を生じている子も増えています。
しかし、なかなか見つけられません。

心臓病、腎臓病、甲状腺疾患、クッシング症候群、一部の腫瘍などの【高血圧症】を合併しやすい病気の子は血圧を測ります。
しかし、これらの疾患を持っていない子の血圧を測るきっかけがないためです。

基礎疾患を持たないのに血圧が高い状態を【原発性高血圧症】と呼びますが、ワンちゃん・ネコちゃんは『頭が痛い』などの症状を教えてくれません。
かといって、すべてのワンちゃん・ネコちゃんの血圧を測るのはやりすぎです。

また、【高血圧症】のもう一つの問題点は、『緊張による血圧の上昇』です。
ヒトの病院でも、ずっと昔は看護師さんが血圧を測ってくれました。
いまは自分で測るのは、使いやすい医療機器が開発されたことだけでなく、自分のペースで測った方が正確だからではないかと思います。

ワンちゃん・ネコちゃんも動物病院にご来院された時には緊張しています。
では、ペットもご自宅で計測すれば・・・。

そうなんです。ご自宅での血圧測定が可能なんです。
動物病院で測るよりも精度は下がりますが、小型の医療機器を貸出し可能です。
血圧治療の安定期に入った子は、ご自宅で測っていただくことも多いです。

下記の病気と闘っている子、緊張でなかなか病院に来れない子は、ご自宅で血圧を測ってみるのも方法かもしれませんね。
操作方法は簡単です♪
興味のある方はお気軽にスタッフまでお問い合わせください!

獣医師 宮澤 裕

発作について

今週のブログは看護師の高木が担当します!

今回は発作について
少しお話しさせていただきます。

発作とはその症状が『突然起こって間もなくおさまる』ことです。
心臓疾患で発作というと、突然バタっと倒れてしまったり
脳の疾患だと、倒れて痙攣を起こしてしまいます。
その時に突然現れる症状なので慌てて来院される飼い主様も少なくありません。

対処としては、すぐに病院へご来院していただくのが1番です。
そして、どのような発作なのかも言葉では説明が難しいため、
動画撮影をしていただくと診察時に誤解なく伝わるため
余裕がある時におすすめです。

・突然起こる発作についてもっと知りたい!
・いつ起こるかわからない発作が怖い!
・発作を起こしたらどうしたらいいの!
という方は
8月22日(日)14:00に開催予定の【動画で学ぶ発作セミナー】にぜひご参加ください!
今回のセミナーは発作の中でも『てんかん発作』を中心にご紹介します。

発作が起こっても冷静に対処して
上手く付き合えるようにしていきましょう!

臨時休診のお知らせ

9月18日(土)~9月21日(火)は臨時休診となります。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。
休診期間中も9:00~19:00は救急対応が可能です。
留守番電話にご用件を録音してください。
対応可能になり次第ご連絡をお返しします。

また、臨時休診の関係でワンちゃんの《フードの日》が1回減ってしまいます。
その前後の9月7日(火)午後、10月2日(火)午後を逃さずご活用ください。
昨今は、各メーカーともに流通が不安定になっています。
9月7日のフードの日をご利用の場合は、『8月中にご注文』をお願いします。

10%OFFの《フードの日》のご案内はこちら

獣医師 宮澤 裕

セミナーでいただいたご質問への返答

こんにちは。今週は獣医師 富田が担当します。

7月に行われた、飼い主様向けセミナーでいただいたご質問にお答えします。

7/18ハミガキ教室

Q.ハミガキをどうしてもさせてくれないときはどうすればいいですか?

 (噛む、吠える、逃げるなど)

A.ある日、突然ハミガキができるようにはなりません!

 ゆっくり時間をかけて、ハミガキが苦手にならないようにしてあげましょう!

 美味しいハミガキ粉を使い、楽しい雰囲気で、短時間で!

 親子ともに、ハミガキが嫌いにならないようにすることが大切です。

 ステップ①:スキンシップの一環で口元を触ってみましょう

 ステップ②:歯ぐきをめくって歯をみてみましょう

 ステップ③:ハミガキ粉を歯に塗ってみましょう

 ステップ④:歯ブラシを使ってハミガキをしましょう

7/25ダイエットと関節セミナー

Q.うちの子(チワワ 約2kg)の1日の運動量はどのくらいですか?

A.1日2回、15-30分程度のお散歩が一般的です。

体重あたりの運動量や散歩の時間は決まっていません。

激しく動く子は休みながら、少し短めのお散歩を。

ゆっくり臭いを嗅ぎながら歩く子は、焦らせずにゆったりと。

この時期はお散歩での熱中症や足裏のやけどが多いので、涼しい時間帯に短時間で済ませましょう。

今後もコロナウイルス感染症に気を付けながら、飼い主様セミナーを行っていく予定です。

8/22には新セミナー「動画で学ぶ発作セミナー」を開催予定です。

現時点でたくさんのご予約をいただいております!

あと少し予約枠がありますので、ぜひご参加ください。

ご予約はこちらから