【重要】アドレスタンの価格調整

【クッシング症候群】をご存知でしょうか。
副腎ホルモンが過剰となる、中高齢のワンちゃんにとても多い疾患です。
ホルモンが関与する疾患であるため全身に作用し、
さまざまな症状を呈して命を落とす怖い疾患です。

また、『よく食べる』『よく飲む』という初期症状のために、
ご自宅で発見されたときには進行していることが一般的です。

今回は、『早期発見のコツ』ではなく、重要なお知らせがあります。

【クッシング症候群】の治療薬である『アドレスタン』は、
かなり長期にわたって流通が止まっています。
製造元でトラブルがあったそうで、
日本に入ってくる数量自体がかなり少ないそうです。
すでに処方できなくなっている動物病院も少なくありません。

クッシングの治療薬(アドレスタン)

治療薬が途切れると、命にかかわる疾患です。

アイビーでは、海外のディーラーから取り寄せをして難をしのいできました。
普段から、国内で流通していない抗がん剤を海外から取り寄せている関係で、
スムーズに同一薬剤が入手できています。
しかし、海外薬は同一薬物でありながら価格が約2倍であり、
『国内のアドレスタン』の価格では取り寄せを続けられません。

申し訳ありませんが、本日から『海外のアドレスタン』の処方価格を
一時的に見直しさせていただきます。

国内での流通が再開する目処はたっていないそうです。
薬剤の流通ストップは、メーカーサイドの流通の問題です。
アイビーでは最大限の努力をしてきましたが、
価格の見直しをせざるを得ない状況となっている点を
ご理解いただきたいと思います。

また、『アニコム』は海外薬に対して保険が使えません。
したがって、『アニコム』に加入されている方は、
海外のアドレスタンを保険外で使用することになります。
こちらも保険会社のルールであり、動物病院側からはどうしようもありません。
重ねてご理解いただくよう、お願いいたします。

ちなみに、以下のような選択肢もありますが、
多くの問題点があり推奨されません。

1.個人輸入
一般の方が個人輸入できるのは、非正規の同効品です。
これを個人輸入して使用した場合、有効性が非常に低いことが知られています。
また、体調面のトラブルが発生しても『自己責任』となり保証されません。
そもそも、非正規の同効品は『ジェネリック』ではありません。
さまざまな理由から、推奨されない選択肢です。

2.大きいサイズの分割
人体薬、動物薬ともに60mgという大きなサイズがあります。
これを分割して投与すると、作業者および投与者に
健康上の大きなリスクがあります。
推奨される方法ではありません。
また、人体用の同一薬剤は価格が約3倍であり、
コスト的にも不利な選択肢です。

ご理解・ご協力いただけると幸いです。

アイビーペットクリニック
院長/獣医師 宮澤 裕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA